コミュニケーション能力は鍛えられる! 対人関係を改善する3つのスキル

寝転がる二人の女性

あなたは、正しいコミュニケーションの仕方を習ったことがあるでしょうか。

ほとんどの人は、習ったことがないと思います。多分、何が正しいのかも分からないでしょう。

たいていの人は、親や友人、先生等の周囲の人間、テレビやラジオを始めとしたメディアから見よう見まねで覚えています。

それが正しいやり方かどうかは別として、です。

では、周囲の人間やメディアは、コミュニケーションの正しいの仕方を身に付けているのでしょうか?

本記事では
  • コミュニケーションの取り方が分からない
  • 仕事や家庭で話し合いが出来なくて困ってる
  • コミュニケーションが上手くなりたい

とお悩みの方に向けて

「対人関係を改善する3つのスキル」

をご紹介していきます。

「コミュニケーションが苦手なのは、正しいやり方を知らなかったせいだ」

と分かれば、コミュニケーションのやり方を変えていくことができるでしょう。

対人関係を改善する3つのスキル

対人関係を改善するスキルには以下の3つ挙げられます。

3つのスキル
  • 傾聴(リスニング)スキル
  • 自己主張(アサーティブ)スキル
  • 対立解消(コンフリクト・マネジメント)スキル

それぞれ解説していきます。

傾聴(リスニング)スキル

人はコミュニケーションのうち、最も大事なのが「聴くこと」とされています。

ただ耳で聞くだけではなく、真剣な態度を見せたり、「聴いていますよ」と適切な動作を示したり

アイコンタクトや話に集中できる環境を用意するのも大切なことです。

また、相手が話しやすいよう話のきっかけを与えたり、質問を減らす、気を配って沈黙することも必要になります。

場合によっては言い換えや要約することも取り入れましょう。

自己主張(アサーティブ)スキル

傾聴(リスニング)と表裏一体と言ってもいいのが自己主張(アサーション)です。

自己主張の仕方には以下の3つが挙げられます。

  • 服従型(サブミッシブ)
  • 攻撃型(アグレッシブ)
  • 自己主張型(アサーション)

服従型(サブミッシブ)は、相手の迷惑行為(騒音や暴力等)に対して、自分の権利を主張しません。静かにしてほしいという要求があってもひたすら我慢します。主張したとしても、とても控えめです。

攻撃型(アグレッシブ)は、他人を犠牲にしてまで自分の要求を通そうとします。けんか腰で声が大きく、態度が横柄だったり、自分の考えを押し付けたりします。あまり他人に気を使いません。

自己主張型(アサーション)は、自尊心を維持しながら、他人を傷つけることなく自分の意見を主張します。自分と同じくらい他人を尊重できるのが自己主張型(アサーション)です。

私たちは、この自己主張型(アサーション)のスキルを身に付けることによって、充実した人間関係を築くことができるようになります。

対立解消(コンフリクト・マネジメント)スキル

対立は、関係をぎくしゃくさせたり、場合によっては人間関係の破壊を招くこともあります。

ただ、対立には停滞を防いだり、創造性を助長するなどのメリットもあるのです。

対立解消には

  1. 敬意をもって相手に接する
  2. 相手の立場を理解するまで話を傾聴する
  3. 自分の意見や要望、感情を述べる

の3つのルールがあり、傾聴(リスニング)スキル自己主張(アサーション)スキルを利用することで上手く解消することができます。

私たちは上手なコミュニケーションの仕方を知らない

私たちは、子どもの頃にコミュニケーションの仕方を周囲から学びます。

そのコミュニケーションの仕方が不適切なものであっても、そうしたやり方しか知らないのです。

一般的に子どもが身に付けやすい方法として

  • 外面的な関係を保つ方法
  • うわべを取り繕う方法
  • 人間関係で駆け引きをする方法
  • 自分や他人から目をそらす方法
  • 人間関係のリスクをないがしろにする方法
  • 他人を操る方法
  • 他人を傷つけたり懲らしめる方法

があります。

これらの不適切なコミュニケーションの仕方を変えるために

対人関係を改善する3つのスキル

  • 傾聴(リスニング)スキル
  • 自己主張(アサーション)スキル
  • 対立解消(コンフリクト・マネジメント)スキル

を身に付ける必要があるのです。

まとめ

対人関係を改善する3つのスキル
  • 傾聴(リスニング)スキル
  • 自己主張(アサーション)スキル
  • 対立解消(コンフリクト・マネジメント)スキル
なぜ身に付けるのか
  • 子どもの頃に身に付けた、間違ったコミュニケーションの仕方を変える為
  • 現在の人間関係を改善し、周囲とより良い関係を築くため

今回は表面だけ紹介しましたが、今後はスキルをひとつずつ解説していきます。

ぜひこの3つのスキルを身に付けて、より良い関係を築いていってほしいと思います。

参考

人と”うまくやる”たった3つの心理テクニック ピープルスキル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー