コミュニケーション能力を改善する3つのスキル(自己主張編)

沈黙

本記事は

から、自己主張に焦点を当てて解説していきます。

「自己主張の仕方にはどんなものがあるか」

「それぞれのメリット・デメリット」

をまとめていきたいと思います。

自己主張には型がある

自己主張の仕方には3つの型があります。自分がどれに当てはまるか考えてみてくださいね。

服従型(サブミッション)

自分の欲求を押し殺して面倒ごとを避けるタイプ。

他人が迷惑行為をしていても、控えめに訴えるか、相手が勝手に辞めるのを待つ。

あまり自分の権利を守ろうとしない。

攻撃型(アグレッシブ)

他人を犠牲にしてでも自分の主張を貫くタイプ。

無駄に声が大きい、態度が横柄など礼儀知らずに見える。

自分の思い通りにならないと気が済まない。

自己主張型(アサーティブ)

相手のことを考えながら自分を主張できるタイプ。

率直かつ適切なやり方でコミュニケーションが取れる。

自分の欲求と相手の欲求のバランスが良い。

3つの型のメリット・デメリット

もちろん、3つの型にはそれぞれメリット・デメリットがあります。服従型や攻撃型の人は、最終的に自己主張型を目指すと、人間関係を改善できるようになります。

服従型のメリット・デメリット

メリット
  • もめ事を回避できる
  • あまり責任を負わなくてよい
  • 他人の承認を得やすい

人と対立しないため、受け入れられやすい

デメリット
  • 自分らしい生き方ができない
  • 満足できる関係が築けない
  • 自分の感情をコントロールできなくなる

自分の主張や感情を抑えるので、満足した生き方ができなくなる

攻撃型のメリット・デメリット

メリット
  • 欲しいものを手に入れやすい
  • 自分を守れる可能性が高くなる
  • 他人をコントロールできる

攻撃的に振る舞った方が、自分の要求を通しやすい。

デメリット
  • 不安が強くなる
  • 敵を作ってしまう可能性大
  • 心臓疾患にかかりやすい

弱さを自覚しているからこその攻撃型。最終的には自分の首を絞める羽目に。

自己主張型のメリット・デメリット

メリット
  • 自尊心を保て、自分に満足できる
  • 充実した人間関係を築ける
  • 不安や心配が減少し、自分らしい生き方ができる

相手の主張を受け入れ、自分の主張を伝えられるようになると、お互いにとって良い関係に。

デメリット
  • 相手と対立し、辛い思いをする可能性
  • 主張の仕方次第で受け入れられないことも
  • 場合によっては仕事や生活の場が変わる

主張の仕方が雑だと相手が驚く。向こうの防衛反応が出ると大変かもしれない。

自分の型を理解したら

自分の型を理解したら、今度は自己主張型に変える努力をしましょう。

これまで見てきた自己主張の型(服従型・攻撃型・自己主張型)は、変わる意志さえあれば変えられます。

時には服従型・攻撃型の振る舞いが必要になるときもあるかもしれませんが、それでも自己主張型を身に付けていた方が、人間関係においてはスムーズにいくでしょう。

自己主張型への変え方については、別記事にて紹介したいと思います。

それではまた…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー