【眠れなくて悩んでる人向け】酒や薬に頼らない眠りの誘い方

あくびをする女性

「寝たいけど眠れない…」

そんな経験はありませんか?

「明日は大事な会議があるのに…」

「早起きして準備しなきゃ…」

焦れば焦るほど目が冴えてくる。

体は緊張しっぱなしで全然休めず

頭だけ中途半端に覚醒してたりしますよね?

今回はそんな人に向けて

健康的な眠りの誘い方を紹介します。

睡眠について悩みがある方は、意識して取り組んでみてくださいね。

規則的な睡眠習慣を意識する

規則的な睡眠習慣とは、起床と就寝の時間を一定にすることです。

毎日決まった時間に起きて、毎日決まった時間に寝る。

多少の眠くても時間が来たら起きる。

ちょっと早いと思っても寝床に入ってみる。

起床と就寝の時間を一定にすることで

体と脳は寝る時間を判断しやすくなります。

「これから寝るぞ!」

と意気込んでも

何時間もゴロゴロするだけで、どうせ眠れません。

無理に眠ることを意識するより

「そろそろ寝ますよ~」

ということを体に覚えさせて

時間が来たら眠くなるよう習慣付けちゃいましょう。

アロマ

体をリラックスさせる

緊張を取り除くのも、眠る為には大切なことです。

体や脳が興奮したままでは、眠りに入ることができません。

風呂上がりに軽いストレッチをしてみる。

アロマやお香を焚いてみる。

などして、体の緊張を取り除きましょう。

首や腰に痛みを感じるのであれば、寝具の見直しも必要です。

枕の高さを変えたり、ベッドを体に合ったマットレスに変更するなど

体への負担を減らす工夫をしましょう。

また、心配事が頭の中をグルグルと回るのであれば

その心配事を全部紙に書き出してみるのがおススメです。

紙に書き出すことで頭がすっきりし、考えをまとめることができます。

不安を抱えたままでは眠れませんので

とりあえず全部吐き出して

寝ることを最優先にしましょう。

眠りに誘う「入眠儀式」

「入眠儀式」とは、眠りに入るための「スイッチ」のことです。

寝る前の行動を習慣化することによって、自分を眠りに誘いやすくなります。

パジャマに着替える

本を読む

音楽を聴く

など、それぞれ自分の好みに合うものをルーティーン化しましょう。

ただし、激しい運動(筋トレやランニング)は体を興奮させますので、寝る前に行うのは避けてくださいね。

また、カフェインを含むコーヒー等の摂取も入眠を妨げます。寝る前に飲むなら水にしましょう。喉を乾燥から守れます。

ウォーターサーバー

まとめ

健康的な眠りの誘い方

①起床と就寝の時間を一定にする

→寝るタイミングを脳と体に覚えさせる。

②体をリラックスさせる

→心配事を紙に書いて頭をすっきりさせる。

→体に痛みを感じるのであれば寝具の変更も検討する。

③「入眠儀式」を作る

→「入眠儀式」=「眠りに入るためのスイッチ」

→「入眠儀式」を作ることで寝つきがスムーズに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー